包茎は見た目の印象が悪いだけでなく、性病に感染しやすくなったり、不衛生になりやすい傾向があります。泌尿器科では保険適用の治療も受けられますが、技術面は専門クリニックに比べると劣る傾向があります。仕上がりの美しさを重視したい人には、専門クリニックをお勧めします。

仕上がりの美しさには差があります

20代から、40代ぐらいの男性は、下半身の悩みを持たれている人が多く、温泉に行ったり、着替えをする時にコンプレックスを感じている人が数多く存在します。仮性包茎や真性包茎で悩んでいる人は、早漏などの機能障害を改善したり、陰部の清潔を保つために包茎手術を希望している人が増加しています。包茎手術は、包皮を切除して縫合する治療のことです。泌尿器科では、真性包茎の場合は保険適用が受けられるので、費用を抑えることができますが、仕上がりの美しさを重視したい場合は、泌尿器科よりも専門クリニックのほうをお勧めします。

泌尿器科は技術面が劣る傾向があります

泌尿器科は包茎治療だけを取り扱っていないので、技術面などは専門クリニックに比べると劣る傾向があります。包茎手術を希望している人は、一生に一回の治療なので、失敗はしたくない人がほとんどです。泌尿器科で治療を受けると、傷跡が多少は残りますし、ツートンカラーなどの不自然な仕上がりになる可能性があります。専門クリニックは、費用は高めになっていますが、極細の糸を使用して縫合をしたり、傷跡が目立たない方法で手術が受けられます。専門クリニックでは、美容外科的な治療が受けられるので、とても自然な仕上がりが特徴です。

症例数を多く取り扱っている専門クリニック

包茎は亀頭が包皮に覆われているので、見た目の印象が悪いだけでなく、蒸れや臭いの原因になったり、性病などの感染症に罹りやすくなります。泌尿器科は費用を抑えた治療が受けられますが、仕上がりに満足できない人が多い傾向があります。専門クリニックを選ぶ時は、症例数を多く取り扱っており、無料カウンセリングが受けられる所がお勧めです。納得が行くまで、費用や治療の内容を説明してくれるクリニックを選ぶことが大事です。専門クリニックでは、治療後のアフターケアも充実しており、24時間いつでも診察が受けられるなどのメリットがあります。

まとめ

包茎は見た目の印象が悪いだけでなく、早漏や性病などの原因になってしまいます。泌尿器科の包茎手術は費用を抑えることができますが、多少の傷跡が残ったり、ツートンカラーになって不自然な仕上がりになる可能性があります。