男性のシンボルに関わる悩みは、とても個人的なものであり他人に相談しにくいものです。短小、包茎など様々なものがありますが、例えば包茎ですと、恥ずかしくて銭湯も入ることができないと悩んでいる男性が少なからずいるようです。

男性のシンボルの悩みは大きなもの

短小であったり、包茎であったりと、男性のシンボルに関わる悩みは想像以上に大きいケースがあります。肉体的な悩みであるとともに、精神的にも大きなダメージを与えかねません。普段の生活において、何をするにしても自信がもてなかったり、女性に対しても卑屈な気持ちになってしまいます。また、性交渉の際にもコンプレックスとなりがちで、どうにも異性に対して自信が持てない方も少なくないでしょう。これから分かるように、男子のシンボルに関わることは、とても個人的なものであるとともに、男性として生きていく上でずっと付きまとう大きな悩みになりがちです。

包茎だと銭湯に入るのが恥ずかしい

銭湯では不特定多数の人の前で全裸になりますので、包茎コンプレックスの人にとっては、恥ずかしいと感じる場所です。どうしてもコソコソと過ごしてしまいますので、銭湯はちょっと遠慮したいと思っているかもしれませんね。銭湯の場合は、自ら避けることは可能かもしれません。しかし、団体で温泉旅行に出かけたケースでは、どうしても気の合う仲間で裸のつきあいということもあり得ます。そんなときは、タオルで隠したりコソコソと挙動不審になったりしてしまいます。特に学生のころは修学旅行や部活動の合宿などで、周りのみんなに裸を見せる機会が少なからずありますので、気になってしまう方もいることでしょう。

誰にも相談できない悩みとなりやすい

包茎コンプレックスは、いくら仲の良い友人であってもなかなか相談できるものではありません。ましてや第三者においそれと相談することもできないでしょう。もし仮性包茎ならば、生殖機能もありますし、性交渉の際の見た目では特に気にすることもありませんので、そのままで良いでしょう。ただし、真性包茎の場合は、専門医に相談する必要があります。昨今の美容整形の広告では、商業上の理由から仮性包茎の方も対象として、施術の必要性を謳って宣伝しているケースが見受けられますが、その点は自己責任で判断することになります。施術後に見た目に不満が残ってしまい、後悔しているケースもあることに言及だけはしておきます。

まとめ

男性シンボルの悩みは人に言えず、人知れず大きなコンプレックスになっていることがアリます。銭湯や温泉では、どうしても人前で裸になる機会がありますので、コソコソと挙動不審になりがちです。仮性包茎ならば、特に手術の必要性はありませんので、整形の広告に動揺せずに自己判断で決めましょう。