日本人男性は包茎で悩んでいる人が多く、女性に対してコンプレックスを感じたり、性病などの感染症に罹りやすい傾向があります。専門クリニックでは、高い技術の包茎手術が受けられるので、安心して通院ができます。

正常な人に比べると不衛生になりがちです

20代から、40代ぐらいの男性は、仮性包茎や真性包茎で悩んでいる人が多く、女性との交際に自信が持てないと悩んでいる人が少なくありません。仮性包茎の場合は、自分で容易に皮を剥くことができるので、必ずしも手術が必要なわけではありませんが、亀頭が常に露出した状態になっている人に比べると、湿っぽくなったり、不衛生になりやすい傾向があります。正常な人に比べると、性病などの感染症に罹りやすい傾向があります。普段から多くの異性と性行為を持たないことも大事ですし、感染症を防ぐために、必ずコンドームを装着させて下さい。

綺麗に切除して縫合してくれます

クラミジア感染症や尖圭コンジローマ、淋病などの性病は、一定期間の潜伏期間がありますし、比較的症状が少ない病気もあるので、パートナーの女性に感染させてしまう可能性があります。専門クリニックを受診して、包茎手術を受けたい人が増加しています。専門クリニックでは高い技術を持った医師が在籍をしており、一人一人の状態に応じた治療が受けられます。現代は極細の針を使用しているので、麻酔をする時の痛みも少ないですし、丁寧に包皮を切除して縫合をしてくれるので、きれいな仕上がりが特徴です。亀頭を露出した状態を維持することで、清潔な状態を保つことができます。

痛みや出血を抑えた治療が受けられます

仮性包茎の場合は、自分で皮を剥くことができるので、入浴時に丁寧に洗うことで、感染症を予防する効果が期待できますが、真性包茎の場合は自分で皮を剥くことができないため、蒸れや臭いなども発生しやすく、不潔になりがちです。早めに専門クリニックを受診して、適切な治療を受けることで、性病や感染症を防ぐ効果が期待できます。現代は若い年代の人は、恋愛に積極的な人が増えているため、性病に罹るリスクが高まります。大切なパートナーの女性に、感染させないために治療を受けることが大事です。痛みや出血を最小限に抑えた、安全性の高い治療が受けられます。

まとめ

日本人男性は包茎で悩んでいる人が多いですが、亀頭が露出した状態の人に比べると、湿っぽく、不衛生になりがちなので、性病に罹るリスクが高まってしまいます。大切なパートナーの女性に感染させないために、早めに包茎治療を受けて下さい。