包茎の手術を使用か迷っているなら、亀頭を摩擦することで解消するようにしてみましょう。刺激をすると皮の部分が厚くなり被りにくくなります。意識的に行っても良いですし、常に下着と接するようにして強くする方法もあります。

タオルなどを使って刺激を与える

体のいろいろな部分は皮膚に覆われています。基本的には皮膚が二重になったりする部分はありません。すべての皮膚は表に出ています。しかし、男性のある部分に関しては、皮膚が二重になっている人がいます。包茎といわれる状態は、本来の皮膚の上に別の皮膚がかぶさっている状態で、本来の皮膚が表に出にくい状態です。本来の皮膚の部分である亀頭をきちんと出す必要があります。その時摩擦が良いとされています。タオルなど刺激を与えやすい布を使ってこすってみると良いでしょう。こすった部分の皮膚が将来的に固く強くなることで改善できる可能性があります。

使わなくなった歯ブラシを使ってみる

歯を磨く道具として歯ブラシがあります。使っているうちにどんどん毛が開いてくるので、それ以上は使えなくなります。掃除用に残している人もいるかもしれません。男性で包茎の悩みを持っている人は、亀頭を摩擦するのに使い古した歯ブラシを使ってみると良いかもしれません。歯ブラシには柔らかめや固めなどがあるので、最初は柔らかめから徐々に固めにしていきましょう。歯ブラシは元々手に持って使う道具なので、刺激自体はしやすいかもしれません。いきなり直接するのが気になるなら、布をかぶせてその上から行ってもそれなりに刺激を与えられます。

日常的に刺激が与えられるグッズを活用する

人は常に服を着ています。裸になるのはお風呂に入る数十分程度でしょう。それ以外は常に衣類を身につけています。自分の部屋の中ならある程度自由に過ごせるものの、あまりこそこそ何かをするのも気になるかもしれません。包茎を気にする人は、亀頭を摩擦することで剥けた状態を維持できるようになるとされています。意識的にしようとしても忘れることがあり、効果が薄れる可能性があります。そこで、常に刺激を与えられるグッズを活用してみましょう。常に剥いた状態にできれば、下着の布の部分と常にこすり合うので、その部分が強くなります。皮が固くなって来れば問題も解消できます。

まとめ

包茎は、亀頭に皮が被っている状態になります。それを解消するため、摩擦をするとよいとされています。タオルや歯ブラシで意識的にこするとその部分が強くなります。剥けた状態を維持させれば、布に刺激されやすくなります。