「傷跡が残ってしまう」という心配のせいで、包茎手術を受ける決心がつかない方もいるはずです。しかし、手慣れたドクターなら、傷跡が残ったとしても目立たない位置で手術をしてくれるため、心配ならそのようなところを選びましょう。

自由診療のほうが綺麗な仕上がりになる

手術という確実な手段で包茎を治したいと考えるなら、必ず仕上がりがよいところを選びましょう。仕上がりが悪いところを選んでしまうと、傷跡が目立つ事態になるので、次はそれがコンプレックスになってしまう可能性があるからです。なお、包茎手術をおこなえる医療機関には、保険が利用できるところと自由診療が存在しています。保険が利用できるケースは安いのですが、傷跡に考慮して手術をしてくれない上に、保険適応になるかどうかは診察を受けるまで分かりません。一方の自由診療は保険は使えないのですが、包茎手術のプロなので傷跡が分からないように手術してくれるでしょう。従って、傷跡の心配をするのなら、自由診療を選んだほうが納得できます。

傷跡ができたとしても大丈夫な理由

軽めの包茎だと診断された場合は、切らずにおこなえる施術をおこなえるクリニックもあります。しかし、ほとんどのケースではメスを利用して、皮を切り取るための手術が必要となるでしょう。手術をおこなうと包茎はしっかりと解消されるのですが、傷跡が残ってしまうのがデメリットです。ただし、切る場所によって目立ち具合はまったく違うので、きちんとクリニックを選んで、包茎手術を受ければ綺麗に仕上げてくれます。腕前がよいクリニックなら、傷跡は見えないところにできるようにしてくれたり、シワと区別がつかないようにしてくれるため安心しましょう。

望む仕上がりを実現してくれるクリニックを見つける

綺麗な仕上がりにしてくれるクリニックを探すのなら、まずはネット上でこれまで実地してきた手術件数が多いところを見つける必要があります。包茎手術に対応したクリニックの公式サイトに訪れれば、トップページに記載されていることが多いので、そちらを参考にしましょう。手術件数が多いところを見つけたのなら、次は直接クリニックに訪れて、カウンセリングを受けなければいけません。やはり、ドクターの話を聞いて分かることもありますので、面倒に思わずに、カウンセリングに訪れましょう。そこで、これまでの症例などを見せてもらって、腕前がたしかだと信じられたのなら、そこで包茎手術をしてもらうのがベストです。

まとめ

自由診療のクリニックを利用すれば、傷跡が目立たない完璧な包茎手術をおこなってもらえます。綺麗な仕上がりにしてもらえるところを探す場合は、公式サイトを活用したりカウンセリングを活用したりして、徹底的に吟味しましょう。