包茎コンプレックスで、男性としての自信を無くしている方も多くいるのではないでしょうか。ただし、とても個人的な悩みでもあり、実体はなかなかわかりません。一人で悩んでいる方がもいますので、まずは包茎を治す手術の必要性について考察してみます。

恋人やパートナーに指摘されると

男性のあそこの悩みは、肉体的にも精神的にも大きく影響を及ぼします。コンプレックスがあると、温泉や銭湯で裸になることに躊躇してしまいこともあります。コソコソと挙動不審なようでは、男性として堂々を過ごすこともできませんね。また、恋人やパートナーとの性交渉の際に、コンプレックス指摘されるとたちまち自信喪失してしまいかねません。実際は、それほど気にすることもないのかもしれませんが、本人とってみると大変な悩みである場合もあり、一言で片付けられないのが悩ましいところです。そこで安易に手術を選択する方もいますが、状況によっては心構え次第で問題なく過ごせるケースもありまりますので、詳しくみていきましょう。

包茎にも種類がありますので注意

手術が必要なのは、真性包茎のケースです。皮が亀頭を包み込んでしまって、勃起状態となってもむけない症状のことです。このケースでは、専門医に相談してみることをお勧めします。真性であれば、健康保険の適用対象となりますので、安い費用で手術を受けることができます。一方、仮性の場合は、勃起時には皮がむけて亀頭が露出しますので、性交渉などに特に問題が発生しませんので、手術の必要もないところです。ただし、通常時は皮が常にかむった状態となりますので、不潔になりやすいためできるだけ清潔にすることが大切です。後は心の持ちようであり、美容クリニックの宣伝に左右されずに、自己判断できるようなることを推奨します。

広告で手術の必要性を説かれれると

美容クリニックでは、仮性包茎の方も対象として手術の必要性を宣伝しているケースがあります。美容上の悩みを解消する目的としては、必要なのかもしれませんが、健康保険の対象外となりますので、高額な手術となりますので注意しましょう。また、術後の出来栄え対して、想像していたものと違っていた等、悩みが増えることにもなりかねませんので、術前に良く検討することが重要です。仮性包茎の場合は、性交渉は問題なくできますし、包茎コンプレックスを持つ必要もありませんので、要は心の持ちようであるとも言えます。それでも、手術を受けたいということであれば、実績があり信頼できるクリニックを選ぶことをお勧めします。決して価格の安さだけで、決めないことが肝要です。

まとめ

包茎コンプレックスは、男性の自信喪失の原因ともなりますので、手術を希望する方もいます。特に恋人などに指摘されると、尚更その必要性を感じる傾向があります。ただし、本当に手術が必要なのは真性包茎であり、仮性包茎の場合は、美容上の問題を解決することが目的という位置付けとなります。前者は健康保険の適用対象となりますが、後者は対象外となることからも分かります。