切らない長茎術を施される場合には、痛みに関して気になることでしょう。怖くない手術かどうか、そのあたりについて解説します。

麻酔された上での手術で痛みはない

切らない長茎術を施術される際に、痛みは怖くありません。基本的に手術は麻酔をされた上で行なわれるからです。

これについてはカウンセリングの際にも説明されますが、麻酔により感覚が麻痺した上で、針で糸を下腹部内部に通されます。痛みに転げまわりながら手術を受けることにはなりません。

逆に痛みを我慢しながらの手術では、患者が暴れまわるゆえ手を加える箇所がズレてしまうため、わざわざ失敗しやすいような麻酔なしで切らない長茎術を施すことはありません。

人によっては術後に違和感を伴う場合がある!

切らない長茎術で痛みが発生する場合というのは、むしろ手術後です。

ただし勘違いしないで欲しいのは、誰しも術後に痛みを感じるものでないことです。人により、術後に痛みが発生する場合があるということです。

その際の痛みと言っても、立っていられずに床を転げまわるような激痛でもありませんし、まるで男性器がもげるような痛みでもありません。痛みと言うよりも突っ張るような違和感、と言い表した方が妥当かもしれません。

そうした感覚は、人によりしばらく生じることもありえます。これは切らない長茎術で陰茎の位置をずらしたことによる違和感であり、体が慣れるまでは感じる場合もあります。

ただし体が慣れさえすれば、その違和感や痛みも感じなくなってきます。

神経を触る場面は少なく痛みは怖くない

切らない長茎術で神経を触る場面というのは、医療用の糸を下腹部に通す時ぐらいです。そして陰茎内部に針を通すものでもありませんから、性感帯を傷付けられることもなく、陰茎にも痛みが生じないものです。

ましてや包皮や皮膚を切るわけでもありませんから、なおさら神経を触る面積も小さいです。もちろん手術の際には最初にも書いた通りに麻酔が効いていますから、痛みを感じることにはなりません。

切る手術に比べても明らかに神経を触る場面は少ないですから、切らない長茎術で痛みを気にする必要はないと考えていいです。

切らない長茎術は麻酔が効いている上で行なわれますから、痛みが気になることにはならず怖くありません。下腹部に突っ張るような違和感が、人により術後に生じる場合がありますが、体が慣れればそれも落ち着きます。