包茎である男性は、銭湯に気軽に行くことができない方が多いです。それは、亀頭が包皮に覆われている状態は男性にとっては恥ずかしいからです。このままの状態で銭湯に行っても周囲の目ばかり気になってしまって、せっかくの銭湯を楽しむことができなくなってしまいます。また、この状態を男性が放置をしてしまうと、性交渉をする際にも弊害起きてしまいます。よって、改善するためには包茎手術をすることをお薦めします。

包茎であると自信が持てない理由

多くの男性がなぜ包茎であると自信が持てなくなるのかと言いますと、それは成人した男性の亀頭は包皮が被っていない状態であることが当たり前だという認識をしているからです。逆に子供の頃は、亀頭はまだ包皮に覆われている状態です。そこで成人した男性がまだ亀頭が包皮に覆われていると幼稚に見えてしまいます。だから、成人になってもまだ亀頭が包皮に覆われていたら恥ずかしくなってしまうわけです。それによって、多くの男性は包茎に対してコンプレックスを感じています。特に20代から40代の男性にそうしたコンプレックスを持つ方が多いです。なお成人になってもまだ包茎の場合には、包茎を自分自身で改善することは中々難しいことから包茎手術をオススメします。

包茎のままでは衛生的リスクがあります

ずっと包茎のまま放置をしていると、衛生的リスクが増加します。どういったリスクが増加するのかですが、まずは亀頭が包皮に覆われている状態が長年続いてしまうと雑菌が増殖して不衛生な状態になってしまいます。包皮が亀頭に覆われていると包皮の内側は湿った状態となり、雑菌が繁殖しやすい環境になっています。雑菌が増えてくると悪臭が発生します。亀頭が包皮から完全に露出すれば、入浴時に毎回亀頭部分を洗うことができますので雑菌が繁殖することは少なりますので、それによって悪臭が発生しなくなります。また、雑菌が増えることで性病に罹るリスクも増えます。

包茎手術が絶対に必要な包茎のタイプ

包茎には、真性タイプとカントンタイプ、そして仮性タイプの3つのタイプの包茎があります。このうち、仮性タイプの包茎以外は絶対に包茎手術が必要となります。それは、衛生的リスクだけでなく勃起時の対する痛みを取り除く意味でも包茎手術が必要になります。なお、仮性タイプの包茎は原則的に手術はいりません。それは、仮性タイプの包茎は包皮を自分自身で剥いて亀頭を露出させることができますので、衛生的リスクはありませんし、勃起時に痛みを伴うことがないことからこの手術は必要ありません。しかし、真性タイプとカントンタイプの場合には放置しておくと様々な弊害が起こってきますので、一刻も早く包茎手術が必要となります

まとめ

包茎は男性にとってコンプレックスを感じることが多いですが、それだけでなく包茎である状態を放置しておくと様々な弊害が起こることもありますので、成人した男性が包茎状態のままならば包茎手術での改善がオススメです