包茎手術は保険適用される可能性があります。真性やカントンで泌尿器科で受けるのが条件です。仮性はどこで受けても適用外です。真性でも美容クリニックで受ける時には適用外になります。手術方法による適用と非適用もあります。

真性とカントンが対象で仮性は対象外になる

病気の治療をするときには、健保の適用があるかどうかがあります。適用されれば通常の3割しか負担しなくてよく、高額療養費の対象になります。適用外だと全額自己負担で高額療養費も適用されません。所得税の所得控除も受けられるかどうかわかりません。包茎手術においては、実は保険適用される場合があります。真性とカントンと呼ばれる状態だと可能です。これは、完全に皮がむけていない状態や、亀頭部分のみが飛び出している状態で、そのままにしていると健康上よくないとされています。その他に仮性がありますが、仮性は適用外になっているのでどこで受けるとしても適用されません。

病院の泌尿器科ならよいが美容クリニックは適用外

医療機関として、一般的な医療を行ってくれる病院やクリニックがあります。それ以外い美容クリニックがあります。どちらも医療機関で、医師や看護師などが勤務をしています。ただし目的が少し異なります。一般の医療機関は、病気やけがを治療するのを目的としています。美容クリニックは、美的な体の変更を目的としています。医療機関によってどちらの要素も持つところがありますが、多くは完全に分かれています。包茎手術臭いて保険適用を受ける時、病院の泌尿器科での治療が必要になります。真性などであっても、美容クリニックだと対象外になります。

一定の治療法で行う場合のみ認められる

病院で治療をするとき、治療方法を選択できるときがあります。複数あるとき、それぞれにメリットとデメリットがあるため、患者としては良い方法を選択しないといけません。包茎手術において保険の適用を受ける時には、決められた手術法での治療のみとされます。真性やカントンの状態が解消されればよく、見た目などは考慮されていません。術後の見た目をよくする手術は残念ながら対象外になっています。泌尿器科も美容の手術もしてくれるところでは、どちらも受けられる場合があります。見た目を取るか、料金を取るかの決断をしないといけません。

まとめ

包茎手術を受けるときに、保険適用ができる場合とできない場合があります。真性とカントンは可能で仮性はできないとされています。真性だとしても受けるクリニックが病院の泌尿器科でないと受けられない可能性があります。