包茎手術を泌尿器科で受けるメリットは、真性などなら保険適用が受けられる可能性があります。 デメリットとして、これだけを行っている医師ではないことでしょう。美容系なら見た目などを重視してくれますが、それはありません。

状態によって保険適用と適用外がある

病気の治療では、保険適用と適用外があります。なぜ分けられているかの区別ははっきりしませんが、生活に支障が出るような治療なら適用となり、それ以外は適用外になることが多いようです。包茎は、男性に発生する症状で、いくつかの状態があります。包茎手術を泌尿器科受けるメリットとしては、真性やカントンであれば保険適用になる所でしょう。これによって手術の費用を大きく減らすことができます。デメリットしては、仮性の場合は適用外での治療になる点です。わざわざこちらで受ける必要はなく、専門のクリニックで適用外で受ける選択肢も出てきます。

形式的には改善するが見た目は考慮されにくい

外科的な手術を行うとき、体にメスを入れます。そして終わった後に縫合をします。切るも縫うも体の状態が最も優先されるため、必ずしも見た目は優先されません。包茎手術を泌尿器科で受けるメリットとしては、医学的に安全な治療をしてもらえる点があります。もちろん専門クリニックも安全ですが、日常的にいろいろな手術を行っている方が安全措置は取られやすくなります。デメリットとして、見た目の考慮がされない可能性があります。縫合した部分が分かりやすくなるので、あとで手術をしたことがばれてしまうことを意識する必要があります。

専門的に行う人かそうでない人かの差

病院には医師が勤務しています。医学部を卒業して医師国家試験に合格し、それなりに研修などを行っています。ただ、医師によってどんな経験を積んでいるかによってそれなりに差があるとされています。すべての医師が同じ能力があるわけではありません。包茎手術において泌尿器科を利用するメリットは、大きな病院などで受けることができる所でしょう。設備も整っていますし、医療技術の高い医師も多くいます。デメリットは、この手術のみを専門的に行う人はいない所です。優秀な医師と言っても、この科の全般的な治療を行う医師なので、専門クリニックよりも経験は劣るかもしれません。

まとめ

包茎手術を受ける時、一般的な病院の泌尿器科を利用することがあります。メリットとしては、保険適用が受けられる可能性がある所でしょう。デメリットは、必ずしも見た目をよくしてくれないところで、専門クリニックとの差があるかもしれません。