包茎の人は、手術を使用か迷うかもしれません。仮性であれば、まずは改善グッズを使ってみましょう。リングや接着剤タイプは、剥けた状態をキープしやすく、亀頭部分をパンツの生地で強くするタイプも用意されています。

リングタイプは剥けた状態をキープできる

包茎には真性と仮性があります。真性は基本的には手で剥こうとしても剥けません。ずっと被ったままになります。一方仮性は手で剥けば剥けます。しかし皮が戻るので蒸れた状態は続きます。そのために刺激に弱い状態が続く可能性があります。改善グッズとしてはリングタイプが用意されています。亀頭に取付けて剥けた状態をキープすることができます。何もないと元に戻りますが、リングがついているために戻らずにそのまま維持されるようになります。亀頭部分が蒸れないようになり、刺激によって強くなります。装着を続ければ、その状態をキープしやすくなります。

パンツの生地の一部が固くなっているタイプ

男性用のパンツとして、ブリーフタイプ、トランクスタイプ、ボクサータイプなどがあります。ブリーフタイプやボクサータイプは密着するため、蒸れやすいですが、トランクスタイプは通気性が良いタイプになります。包茎の人であれば蒸れにくいトランクスがいいのでしょうが、改善グッズをうまく使うことで問題が解消されるかもしれません。生地の一部が固くなっているタイプがあります。ちょうど亀頭の先端部が当たるところが麻などの生地になっています。綿だと柔らかくて皮膚は鍛えられませんが、刺激のある生地に常に当たる皮膚が強くなります。そのために剥けた状態が維持されやすいです。

接着剤を用いて剥けた状態を維持する

一般的な接着剤は、紙や木、プラスチックなどを接着するために使います。もちろん人に使うことはできず、手に付いたときにはきれいに取らなくてはいけません。有害な物質も入っているかもしれません。包茎の改善グッズとして、接着剤タイプがあります。剥けた状態にして、接着剤で固定をする方法になります。人が使ってもいいような成分なので、つけること自体は問題ありません。皮の部分が伸びすぎないように注意をしましょう伸びすぎた状態でつけると、それが維持されて余計に剥けにくくなります。少しずつ亀頭部分が出るように使うと良いかもしれません。

まとめ

包茎には真性と仮性があり、仮性であれば手術をしなくても改善グッズを使うことで改善が期待できます。剥けた状態をキープして皮を強くするのを目的にしたものが多くなります。リングタイプや接着剤タイプがあります。