切らない長茎術の料金は大体いくらくらいか挙げましょう。保険適用で実費を抑えるのは無理なのか、といった疑問点にも答えます。

料金の相場は大体15万円ほど!

切らない長茎術の料金をあげると、相場としては保険適用なしで大体15万円ほどです。大抵の場合はアフターケアの分も料金に含まれていますから、多めに見ても総額で20万以内と考えていいでしょう。

それほど手間の掛かる手術ではないこともあり、どのクリニックでも大体似たような料金です。

たとえば包茎治療の手術の場合には、それぞれに合わせて少しやり方を変える場合もあり、それに合わせて料金も変動しやすいものです。

それに対して切らない長茎術の場合には、手術方式をそれぞれ変えることにはなりにくいですから、提示されている料金そのままで済むことが多いです。

注意!切らない長茎術は保険対象外!

保険適用で切らない長茎術の料金を抑えられれば、と考えるかもしれません。基本的に切らない長茎術は自由診療の類に当たりますので、残念ながら保険適用はされません。

切らない長茎術を施さなければ男性器が機能しない、というのであれば保険適用の対象になりえますが、そういうものではありません。あくまで見た目を変えるに過ぎないものですから、病気の治療ではなく、美容整形のように改造すると考えてください。

切らない長茎術は男性器を機能させるものではないので、保険適用されることもありません。だからこそカウンセリングの際に、切らない長茎術を施すことが本当に必要か、それを見極められることになるのです。

保険適用されることはない手術

切らない長茎術を行っているところは、大抵は自由診療を行うクリニックという実際もあります。ビジネスモデル的には男性のコンプレックスを解消するための手術を行うクリニックですね。

この場合にはたとえ包茎治療でも料金に保険適用されません。同様に、切らない長茎術でも保険適用はされません。

逆に保険適用の診療扱う病院で、もしも切らない長茎術を受けられたとしても、その手術自体は保険適用されませんから安くなりません。専門のクリニックで受けた方が安心です。若い女性の看護師にアソコを確実に見られますし。

切らない長茎術の料金は、多めに見て総額20万以内です。美容整形のように見た目を変えるのに過ぎないため、自由診療の手術に当たると考えていきましょう。