包茎手術には費用のかかり方によって違いがあります。保険適用があるときとない時、一般的な手術と高度な手術などがあります。安ければ数万円で高ければ10万円を超えることもあるので、じっくり選ぶようにしないといけません。

保険診療が適用されるときはどれくらい必要か

包茎手術といえば、宣伝などでは美容クリニックなどで行っています。そこでしか受けられないと考えている人がいます。真性などの状態の場合、美容クリニック以外の泌尿器科で手術が受けられ、しかも保険適用を受けられる可能性があります。通常かかるよりもうんと安く利用できるかもしれません。手術そのものの費用としては、自己負担で1万円もしないぐらいの可能性があります。あまりにも安くてびっくりするかもしれません。ただし、初診料や再診料、処方される薬などがそれ以降にかかってきます。ですから、トータルではもう少し上乗せされることになります。数万円程度で行うことができるので、美容クリニックなどで行うよりは安くなりそうです。

一般的な自由診療で必要になってくる金額

包茎手術を行ってもらうときは、保険が適用されるか適用されないかを知っておきましょう。真性やかんとんの状態で、泌尿器科での手術を受け、さらに決まった手術方法なら適用されます。それ以外は自由診療で全額自己負担になります。その時にかかる費用は、基本的な部分では10万円ぐらいとされています。仮性タイプなどでもこれくらいで行うことができます。自由診療なので、美容外科などを選ぶともっと高くなることもありますが、泌尿器科ならある程度金額が同じになるでしょう。あくまでも選択肢としてはあまり高度なものを選ばないのを前提にしています。

高度な手術方法や麻酔などを選択した時

医療の選択ができる時、内容と価格などをきちんと把握しておいた方がいいでしょう。知らないと受けられるはずの治療を受け損なったり、割高な料金を支払わされることになりかねません。包茎手術は、医療機関であったり、その人の状態、その他麻酔などによって費用が異なります。高度な治療方法を選択すると高くなるでしょう。気になるのは見た目で、傷などをできるだけ隠すようにする方法は高度な治療になります。通常の料金よりも数万円はプラスになると考えておきましょう。すべて高度なものを選ぶと、標準的な金額の倍以上になることも出てきます。

まとめ

包茎手術の治療を受けるときは、費用がかかります。どんな手術をどこで受けるかによっても異なります。保険診療の適用があるなら、数万円程度で受けられる可能性があります。高くなると10万円を超える治療も受けることができます。