今回は切らない長茎術を受ける際の予約やカウンセリングについて紹介します。何を聞かれるのかなどを詳しく紹介しますね。

手術の予約でなくカウンセリングの予約となる

切らない長茎術を受ける時にはカウンセリングを経てから手術といった流れですから、予約と言っても手術の予約ではありません。あくまでもカウンセリングの予約にしか過ぎません。

基本的にはWEBでのカウンセリング予約で問題ありません。その時点で記入するのは、

  • 名前
  • 年齢
  • 住んでいる地域
  • 希望の診療
  • カウンセリングの希望日
  • 返信用メールアドレス
  • 電話番号

といったことになります。細かい点は各クリニックにより変わります。もちろんカウンセリングに行ったからと言って手術しなければならないわけではありません。

必要性を見極めるため悩みや要望を聞かれる

悩むおじさん

切らない長茎術のカウンセリングで聞かれることは、基本的にはどんな手術を受けたいか、といった手術に関する要望になります。

それに伴って、現在の陰茎の長さにまつわる悩みを聞かれることもあります。数センチほど長く見えるようになるものですから、それを行うことが必要かどうかを見極めるためです。

本人が手術するべきかまだ悩んでいる状態で手術を受けても、後になって不満を覚える場合があります。納得した上で手術を受けてもらうべきものですから、そのために話を聞かれます。

答えに困る質問をされることにはならない

切らない長茎術の予約やカウンセリングにおいては、何か前もって予習しておかなければならないものではなく、恥ずかしがらずにありのままに答えることが一番大切です。

切らない長茎術の場合には、例えば包茎治療のように人によってやり方を変える必要は出にくいです。そのため、ここをこうしてそこをああして、と細かい打ち合わせをするというよりも患者の不安を消すカウンセリングです。

そして自分の疑問点は、カウンセリングを通してクリアにすべきです。

切らない長茎術の予約やカウンセリングで何を聞かれるのかを気にする位であれば、何を訊くのかまとめておくと話もスムーズに進むでしょう。

カウンセリングにおいては悩みや手術に関しての要望などで、取り繕う必要もありません。